バタークリーム入りどらやき 汐越物語
芭蕉が詠んだ句を情景とともに歩き持ち帰る

バタークリーム入りどらやき 汐越物語

ばたーくりーむいりどらやきしおこしものがたり
156

にかほ市の「象潟及び汐越」が松尾芭蕉の「おくのほそ道の風景地」に国の名勝指定を受けました。芭蕉が詠んだ句を象潟の海辺の情景である鶴の足元にある泡をバタークリームで表現し、パッケージは句と名勝名とその街道を描いたにかほ市のお土産の決定版。

●原材料:小麦粉、バタークリーム、砂糖、卵、小豆、トレハオース、水あめ、みりん、重曹、寒天、塩、麦芽糖
●保存方法:常温
●賞味期限:1ヵ月
●規格・ロット:1個

製造工程のPRポイント

自家製のバタークリームで粒あんとの組合せになっております。季節によってクリームを口溶け良いよう調整しております。夏はさっくりと、冬は口溶けがよいようバターの香りを大事にして仕上げております。

開発のきっかけ

昨年11月の国指定名勝化をチャンスと考え、今年度商品開発・販売と同時に、名勝観光案内の立ち寄り所となることを決断しました。観光案内の街道散策とともに持ち帰ることができる名勝土産を開発しようと考えました。

大きな地図で確認

白川湖月堂
にかほ市

にかほ市象潟町字2丁目塩越21
TEL: 0184-43-3352 FAX: 0184-43-4383
代表者: 髙橋 峰雄 担当者: 髙橋 由樹